現役私立<浪人国立!? そんなバカな!!

JUGEMテーマ:塾と家庭教師

 

収入が安定することが夢です、駆け出し塾長 大森(Lv17)です。

 

夢というより今の目標といったほうが正しいですかね。

日本語って難しいです。

 

生徒数も増えてきて、目標達成も見えてきました。

でも、お金のために塾をやっているわけではないので、生徒第一主義は貫いていきたいです。

 

 

さて、今日は受験校のお話。

 

高3受験生の受験校相談をしているとよく

「うちには浪人させる余裕がないので、なんとかして現役で合格させたいです」

なんて声をよく耳にします。

そこで、大学や塾にかかる諸々の金額について考えてみました。

 

私立大学の場合(医学部など学部によって大きな差はありますが)一般的には学費は年間120万前後。

入学金やその他諸経費を入れて、初年度納入金は約160万程、4年間の合計では約570万になります。

偏差値が上がるにつれて学費も安くなる傾向がありますが、偏差値50程度の大学だとこれくらいになります。

 

一方、公立大学は年間の学費が約50万、入学金などを含めても4年間で260万程になります。

 

仮に年間の塾代が100万程度だとすると、浪人して公立大学を卒業するまでにかかる費用は約360万。

 

現役で私立大学に通うよりも200万安いですね。

 

働く年数が1年減ると考えると、その後の出世にもよりますが、生涯年収はおそらく200万以上減ります。

しかし、現在の志望校より偏差値の高い国公立大学に進学したほうがよりよい企業に就職できる可能性も増えますので、この点はなんとも言えないかと思います。

 

 

次に、浪人して国立大学に合格する可能性を考えます。

 

浪人中の一番の敵はモチベーションの維持です。

これは現役生にもいえますが、浪人生は学校に通っていない分、一人の時間が多くなります。

一人の時間でいかに自分を律して勉強に向き合えるかはとても重要な課題になります。

 

高校の授業時間は一日に平均6〜7時間程度かと思います。

仮にその時間を毎日受験勉強に費やせたとするなら、レベルにもよりますがほぼ確実に国立に合格する実力はつきます。

モチベーション維持のサポートをしてくれる塾や予備校を探すのが一番ではないでしょうか。

 

学費面や最終学歴を考えても

現役私立<浪人国立

となってしまいますね。

 

現役で第一志望に合格するのが一番なことに変わりはありません!!

やりたいことがあって大学を選んだなら、そこに向かうべきです!

しかし、滑り止めで受けた大学に進学しても将来のビジョンが持てないのであれば、こういう選択肢もありだ、ということです。

決して浪人を進めているわけではありませんからね!ね!!

 

選択肢はたくさん持っておいても損ではないですからね。

その選択肢を有効に使えるように、知識を持っておきましょうということでした。

 

そういえば、当塾の名前でもある「マリガン」って、選択肢を増やすって意味らしいですよ!!

では

 

 

学習塾マリガン塾長 大森

〒276-0031
千葉県八千代市八千代台北1-11-9 香西ビル3F
TEL:047-411-6643

HP:http://r.goope.jp/mulligan

twitter:@mulligan0720


「学習塾マリガン」で検索!

コメント